吉田萌、比嘉組は90点台 AS日本選手権第2日

産経ニュース
【アーティスティックスイミング日本選手権】デュエットテクニカル 日本代表の吉田萌(左)、比嘉もえ組の演技=2日、東京辰巳国際水泳場(鴨川一也撮影)
【アーティスティックスイミング日本選手権】デュエットテクニカル 日本代表の吉田萌(左)、比嘉もえ組の演技=2日、東京辰巳国際水泳場(鴨川一也撮影)

アーティスティックスイミング(AS)の日本選手権第2日は2日、東京辰巳国際水泳場で行われ、デュエット・テクニカルルーティン(TR)で世界選手権(6月開幕・ブダペスト)代表の吉田萌(ザ・クラブピア88)比嘉もえ(AS広島)組は90・8857点にとどまった。代表勢は各種目にオープン参加した。

チームTRの日本(吉田萌、京極、佐藤友、木島、比嘉、柳沢、藤井、吉田理)は92・3630点、ソロ・フリールーティン(FR)の乾友紀子(井村ク)は94・1667点だった。

和田彩未がソロFRで86・3667点の1位となり、小林唄(ともに長野ク)と組んだデュエットTRも83・9192点でトップ。チームTRは井村クAが83・6708点で制した。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」