オリ吉田正が2打席連続弾 復活の同期に白星贈る

産経ニュース
【オリックス-西武】八回、中越えに決勝の4号ソロを放つオリックスの吉田正。2打席連続となる一発で試合を決めた=京セラ(中島信生撮影)
【オリックス-西武】八回、中越えに決勝の4号ソロを放つオリックスの吉田正。2打席連続となる一発で試合を決めた=京セラ(中島信生撮影)

ライナー性の当たりはぐんぐん伸び、2本ともスタンドに突き刺さった。オリックスの吉田正が30日の西武戦で、六、八回に2打席連続本塁打。「自分の放物線だった。ほしい場面で打ててうれしい」と充実した表情で話した。

1-1の六回は西武先発の隅田のストレートをたたき、右翼席への3号勝ち越し弾。再び同点で迎えた八回1死からは平井のスライダーを捉え、バックスクリーン右への4号決勝弾。今季初アーチを放った4月17日の西武戦からの12試合で、38打数19安打16打点と手がつけられない。2割2分だった打率は瞬く間に3割3分まで跳ね上がった。

この日の2発はいずれもファーストスイング。2年連続で首位打者に輝いた球界の主砲は「一球で仕留められている」と絶好調の要因を語る。ここにきて感覚と実際のスイングが合致してきたようだ。

勝利投手となったのは3番手の近藤。2年目の2017年から3年連続で50試合以上に登板したが、20年に右肘を痛めてオフに手術。育成選手としてリハビリを続け、4月24日に支配下選手に復帰したばかりだった。

近藤はお立ち台で「正尚(吉田)のおかげ」と感謝しきり。同期入団の苦労人に3年ぶりの勝利をプレゼントした吉田正は「苦しい思いはその人にしか分からない。戻ってきてくれたのは大きい」とうなずいた。

チームは3月25日の開幕戦に勝利して以来の貯金1で、新型コロナウイルス感染による離脱者が相次いだ4月を終えた。吉田正は「焦らず戦っていく」と前を見据えた。(鮫島敬三)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」