大谷が4号ソロ 今季初の「4番」で5打数2安打1打点

産経ニュース
ホワイトソックス戦の1回、4号本塁打を放つエンゼルス・大谷=シカゴ(共同)
ホワイトソックス戦の1回、4号本塁打を放つエンゼルス・大谷=シカゴ(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は29日、シカゴでのホワイトソックス戦に今季初めて「4番・指名打者」で出場。1番ウォードの5号先頭打者本塁打で1点を先行した後の一回2死走者なしの第1打席で、右腕ジオリトから3ボール1ストライクの5球目、内角高めの93マイル(約149キロ)のフォーシームをセンター左へ4号ソロを放った。飛距離は127メートル。大谷が4番で先発したのは2020年9月以来。

27日の試合で2勝目と今季初の3安打の固め打ちをして、翌28日は出場せずに休養。2試合ぶりの先発で16日のレンジャーズ戦以来のアーチをかけた。

四回先頭の第2打席は中飛、六回1死一塁の第3打席は遊ゴロで一塁に残り、レンドンの二塁打で生還。八回1死走者なしの第4打席は左腕スーザに追い込まれながら技ありの中前安打で出塁、今季4個目の盗塁を決めた。4点リードの九回2死一、二塁での第5打席はルーキー左腕セベリーノに見逃し三振だった。5打数2安打1打点3得点、1盗塁、1三振で打率2割4分7厘。

チームは5-1で勝ち、6連勝で14勝7敗の貯金7として、ア・リーグ西地区首位を走っている。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  3. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. スタバ「メロンフラペチーノ」が販売開始!ネットの評判は…?