木村拓哉主演「未来への10カウント」山田杏奈のかわいさにノックアウト「美少女すぎん?」「ボディ殴られたい」

iza
水野あかり役を演じる山田杏奈 (C)テレビ朝日
水野あかり役を演じる山田杏奈 (C)テレビ朝日

木村拓哉が主演を務める連続ドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)の第3話が28日、放送された。ネットでは、ボクシング部唯一の女子部員、水野あかり役を演じる山田杏奈のルックスに関心が集まった。

高校ボクシングで4冠達成という輝かしい功績を打ち立てながらも、その後は度重なる不運に見舞われ、人生のどん底にいた主人公、桐沢祥吾(木村)が、ボクシングを通じて生きる希望を取り戻す姿を描いた青春スポーツドラマ。第3話では、あかりがボクシングを始めた理由が明らかになり、彼女と向き合う桐沢ら大人たちの姿を軸に物語が展開した。

インターハイ予選に向けて練習していた松葉台高校ボクシング部。あかりは桐沢に「ケンカで勝てるボクシングを教えてください」と思い詰めた表情で訴え、スパーリングをやらせてほしいと要求。今の技術では無理だと却下されると「ボクシング部をやめる」と言い放ち、練習場から飛び出した。その後、桐沢は、あかりが強くなりたい本当の理由は、母の再婚相手で離婚した義父、今宮智明(袴田吉彦)の暴力から母を守るためだと気づいた。

あかりは、桐沢の高校時代からの親友・甲斐誠一郎(安田顕)が経営するボクシングジムを訪れた。大人の男の倒し方を教えてほしいと教えを乞うあかりにボクシングを教えてあげてほしいと桐沢から頼まれた甲斐は、身長差に関係なく相手を一撃で倒せるボディブローの打ち方を伝授した。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終