上田敦士、満点デビュー! 名古屋大卒初のプロが1番いきなりイーグル、9位発進/国内男子

サンスポ
1番でティーショットを放つ上田。名古屋大出の異色プロはこのホールでイーグルを奪い、満点デビューとなった
1番でティーショットを放つ上田。名古屋大出の異色プロはこのホールでイーグルを奪い、満点デビューとなった

名古屋大出身で初のプロゴルファーとなったツアーデビュー戦の上田敦士(24)=フリー=が4アンダー66で回り、首位と5打差の9位と好スタートを切った。61で回ったアンソニー・クウェイル(27)=オーストラリア=がトップに立ち、前週ツアー初優勝した桂川有人(23)=国際スポーツ振興協会=は4打差の5位。石川遼(30)=CASIO=はイーブンパーの70で53位とやや出遅れた。

ド派手にツアーデビューを飾った。優等生にふさわしい百点満点の初陣。上田が一振りで、主役の座をつかみ取った。あっと驚く9位発進。今春、名大を卒業した異色プロの笑顔が輝いた。

「急に入ったんでびっくりしました。(バーディーを)一番取りたいホールだったので、手前につければいいなと思っていたら、入っちゃった。たまたまです」

打ち下ろしの1番(パー4)。残り95ヤードの2打目を58度のウエッジで直接放り込んだ。プロ3年目でつかんだ初のツアー出場。そのスタートホールでいきなりのイーグルだ。離れ業で勢いをつけ、バーディーも4つ(2ボギー)奪って4アンダー。理想のゴルファーという元賞金王の藤田寛之、桑原克典のベテラン2人とのラウンドにも臆するところはなかった。

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  3. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」