EV放浪記

「バッテリーはエンジン」政府は内製化の支援を カーデザイナー・井上眞人さんが提言

zakzak
初代日産リーフをデザインした井上眞人さん
初代日産リーフをデザインした井上眞人さん

「バッテリーはエンジンですから」と言われても、意味不明かもしれない。でも、電気自動車(EV)に乗っている人は、きっと納得。私も力強く相槌を打っていた。

EVユーザーが新潟県三条市に集まった「EVオートキャンプ実証トライアル」に、初代日産リーフのチーフデザイナーを務めた井上眞人さんが参加していて、いろいろ話を聞かせてもらった。その中で出てきた言葉だ。

EVの走行用バッテリーは、内燃車でいう燃料タンク、と普通は考える。私も最初はそう思っていたが、じつはバッテリー容量や充電効率、あるいは制御システムが、出力や航続距離に直結する。その意味ではむしろエンジンに近い。バッテリーはEVの中核技術なのだ。ところが……。

「いまバッテリーは中国と韓国のメーカーが世界シェアの60%を占めていて、さらに莫大な投資をして性能アップと原価ダウンに取り組んでいる。バッテリーを海外から買っていては日本の自動車メーカーはいつまでも主導権を握れない」

井上さんの手がけた初代リーフは2010年に発売されると「ワールドカー・オブ・ザ・イヤー」に輝き、前年に発売された三菱「i―MiEV」とともに、EV時代の先駆けとなった。モデルチェンジして現在も販売中のリーフは日本で最も売れているEVで、キャンプにも2台参加。だが、早々に量産EVに着手していたはずの日本が、EVシフトでは遅れを取る。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. さんま、上島竜兵さんに「本当に好きな芸人が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立ってる」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」