雨の京都で皿落とし 壬生狂言始まる

産経ニュース
役者が素焼きの皿を豪快に落とす、壬生狂言の人気演目「炮烙割」=29日午後、京都市中京区の壬生寺
役者が素焼きの皿を豪快に落とす、壬生狂言の人気演目「炮烙割」=29日午後、京都市中京区の壬生寺

京都市中京区の壬生寺で29日、国の重要無形民俗文化財「壬生狂言」が始まり、人気演目の「炮烙割(ほうらくわり)」が演じられた。雨が降る中、約千枚の素焼きの皿「炮烙」を役者が舞台から豪快に落とすと、大きな音とともに皿が割れ、観客らは歓声を上げた。5月5日まで。

炮烙割は、市場へ一番乗りで店を出したい炮烙売りが、だまそうとした商売敵の太鼓売りから仕返しされる話。太鼓や笛の音に合わせ、面を着けた役者が無言で演じた。

全席自由で鑑賞料は大人千円、中高生500円。1日当たりの客数は、新型コロナウイルス禍の前は例年400人だったが、感染拡大予防のため300人に制限するという。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」