サバトラ猫と古都ルーアンでお茶を

こんにちは、久しぶりにコラムに登場することになりましたが、どこにも出かけたくないサバトラ猫ノアです。絶対に出かけませんよっ。

猫は家に付くもの。動かないことに決めました。

「ノアさん、ご出勤ですよ!モデルですよ!早く出かけないと!!」

いつになく協力的な黒犬スキです。

「おい黒犬、自分が何をしているかわかっているんだろうな、、」

「すいません親分!やはりノアさんは裏切れません!」

秒速で寝返った悪魔犬です。うむ。

何事もなかったかのように、庭を監視中の二人(匹)。さあ、ノアさん、出かけるよ。今日はノアとノルマンディー地方の古都、ルーアンに向かいます。

はい、というわけで一瞬で到着しました。パリからは2時間、我が家からは1時間の場所にあるルーアン。モネの連作大聖堂や、ジャンヌ・ダルクゆかりの地として有名です。

ノア、リュックもまあまあ楽でしょ?こちらはPETSFITというメーカーのものです。

よいしょっと。上からも出られます。

「ちなみに、モデル代は高くつくわよ」

ははっ。秘蔵のちゅーる一本でなにとぞ、、。

「登れるかしら、、」

ウチの窓と似てるけど、ここは登らないようにお願いします!

一応、モネが描いた大聖堂前で記念写真。猫、こっち向いてませんけど。

大聖堂裏手に廻っていくと、古い街並みが残るSaint romain通りにでます。

ノアといえば姫、姫といえばケーキというわけで、1902年に作られた古い鉄工房を2002年に改装して作られたサロン・ド・テ、「Dame Cakes」にやってきました。いつも行列している人気ぶり。

Dame Cakes

https://www.damecakes.fr/

中庭、一階と二階にそれぞれテーブル席があります。

お気に入りは二階席。大きな窓が開放的で、窓に映るアールヌーヴォーな鉄細工と大聖堂を眺めながらお茶ができる空間です。エプロン姿のウェイトレスさんたちが忙しく立ち回りつつ、感じが良いのも有り難い。

はいはい、今膝の上に来られるからね。

さすがに猫連れはあまり見かけませんが、犬のみならず猫もウエルカムという寛大な国フランス。

窓の鉄細工を通して、春の光がゆっくりとテーブルの上に落ちてきます。

そしてケーキ。こちらはヨーグルトケーキで、赤いフルーツのソース添え。写真に騙されて(←オイ)、洗練されたパティスリーを想像してはいけません。そういうものはパリのエルメや、パラスホテルのパティシエたちにまかせておけば宜しい。ここで食べられるものは洗練ではなく野暮、いや違った、おばあちゃんのお菓子なのです。ホームページにも、ちゃんとそう書いてあります。

ノアさん、ダメだよ。あちらはカシスとスミレのケーキ、ホワイトチョココーティング。響きは乙女ですが、味はおばあちゃんです←表現!

「指だけ舐めておくわ〜」

あ、ノアの鼻にマスカルポーネクリームが、、。

「ぺろり」

「うま、うまままま、、、!!」

落ち着いてください、姫さま。

出かけるのは久しぶりでしたが、徐々に慣れてきたノアです。

運ばれてきたケーキとお茶が置かれるキャビネットの佇まいも、この場所に似合っていました。

さて、お茶を飲んだら次回はMade in Normandieな鞄屋さんへ向かいます。猫とルーアン散歩、第二回目もどうぞお楽しみに。

  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた