密売人に注射器13万本売却か 47歳男を起訴

産経ニュース

覚醒剤の密売人に約13万本医療用注射器を売ったとして、松江地検は26日までに、麻薬特例法違反幇助(ほうじょ)などの罪で、京都市左京区の無職、藤井照久被告(47)を起訴した。3月30日付。捜査関係者などによると、被告は京都府内の医療機関で、臨床工学技士として勤務していた。島根県警は注射器の入手経路を捜査している。

起訴状によると、大阪市の男女2人が覚醒剤を密売していると知りながら、令和2年2月~3年11月、27回にわたり医療用注射器13万120本を宅配便で送り、計865万円で販売したとしている。

県警は、県内の別の覚醒剤密売事件を端緒に捜査し、昨年11月に3人を覚醒剤取締法違反容疑で逮捕。藤井被告が注射器を売り渡していたことが分かり、今年3月に書類送検していた。

医療機関によると、藤井被告は昨年9月に退職。3年間休職していたという。担当者は「注射器の紛失は確認されていない」と話している。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛