知床観光船事故、刑事・民事責任どうなる? 「私はいけると思った」出港判断に社長釈明 専門家が解説「業務上過失致死傷罪の責任も」

zakzak
運航会社「知床遊覧船」に入る運輸安全委員会の船舶事故調査官=25日、北海道斜里町
運航会社「知床遊覧船」に入る運輸安全委員会の船舶事故調査官=25日、北海道斜里町

北海道・知床半島沖で乗客乗員26人が乗った観光船「KAZU Ⅰ(カズ・ワン)」の遭難事故で、運航会社「知床遊覧船」(斜里町)の社長が、荒れた海への出港判断について「私はいけると思った」と釈明していたことが分かった。11人の死亡が確認され、残る15人の捜索が続くが、第1管区海上保安本部(小樽)は業務上過失致死や業務上過失往来危険の疑いで立件も視野に入れる。どんな責任を問われる可能性があるのか。

事故があった23日は 強風注意報や波浪注意報が出ていて、地元漁師は出港を見合わせた。カズ・ワンの豊田徳幸船長(54)は出港前、複数の知人から「やめておけ」と忠告されていた。

行方不明者の家族によると、社長は「私はいけると思った」と述べた。家族側から「どうして引き返さなかったんだ」と問い詰められると「はい、すみませんでした」と謝ったという。

「船長ら乗組員の刑事責任を問われる可能性はかなりある」と指摘するのは、元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士。

若狭弁護士

「業務上過失致死傷罪の場合5年以下の懲役もしくは禁錮、100万円以下の罰金で、遺族との間で示談が成立しない限り、実刑になる可能性もある」と指摘する。

2012年に群馬県藤岡市の関越道で高速ツアーバスの乗客7人が死亡した事故では、運転手が自動車運転過失致死罪に問われ、懲役9年6月、罰金200万円が確定した。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛