オウムの平田元幹部が出所 約17年間逃亡の末に出頭

産経ニュース

公証役場事務長拉致事件の逮捕監禁罪などで服役していたオウム真理教の平田信元幹部(57)が26日、静岡刑務所を満期出所したことが関係者への取材で分かった。特別手配され、平成23年の大みそかに警視庁に出頭するまで約17年間にわたって逃亡していた。

26年3月に東京地裁の裁判員裁判で懲役9年の判決を言い渡され、最高裁まで争ったが確定し、服役していた。

確定判決によると、目黒公証役場事務長の仮谷清志さん=当時(68)=が死亡した平成7年2月の拉致事件で、仮谷さんを乗せた車に同行する車を運転したほか、同3月の地下鉄サリン事件前夜に起きたマンション爆発と、教団施設への火炎瓶投げ込みの計3事件に関与した。

出頭後には、仮谷さんの遺族宛てに、教団を批判し事件を謝罪する手紙を送っていた。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛