指揮官一問一答

西武は今季4度目の零敗 辻監督「あと一本出ていれば」

サンスポ
敗れてグラウンドを見つめる西武・辻発彦監督(中央)=ペイペイドーム(撮影・村本聡)
敗れてグラウンドを見つめる西武・辻発彦監督(中央)=ペイペイドーム(撮影・村本聡)

(パ・リーグ、ソフトバンク3-0西武、4回戦、ソフトバンク2勝1敗1分け、26日、ペイペイD)西武は先発のドラフト2位・佐藤隼輔投手(22)=筑波大=が自己最長となる6回0/3を投げ2失点の好投も、打線が再三の好機をものにできず今季4度目の零敗を喫した。以下、試合後の西武・辻発彦監督(63)の主な一問一答。

-―先発したD2位・佐藤(筑波大)が七回途中2失点

「素晴らしかった。所沢で投球を見たとき非常に良かったので、この感じで投げてくれたらと思っていた。非常に内容のある投球だった」

--打線は二回から八回まで毎回走者を出したが

「こういうもんですよ。あと一本出てればね。結果的にあそこ(七回)で(グラシアルに)2ラン打たれたのは痛かった。1点先に取れていればね」

--何とか粘る姿勢はあった

「そりゃ姿勢はありますよ、選手は必死にやっているんだから。投手戦で緊迫した中でいい試合だったと思う。でも勝ちたかった。そのためにはもう一つしぶとくね。追いつければ、また展開はどうなったかわからない」

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛