ネットワークエンジニアについて解説 年収や仕事内容も紹介

SankeiBiz

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとは、ネットワークの設計や構築、運用や保守などネットワーク全体に関わる技術者です。企業内で使用されるサーバーや端末同士をつなぎ、快適にネットワークが運用できる環境を整えます。取り扱う分野によっては、システムエンジニアと比べコードを書くことが少なく、ルーターやLANケーブルなどのネットワーク機器に物理的に触れる機会が多い場合もあります。

※画像はイメージです(GettyImages)
※画像はイメージです(GettyImages)

主に、コンサルティングファームやITサービスの会社が仕事場になります。

ネットワークエンジニアとして、特定の分野の技術を極めた「スペシャリスト」とプロジェクトを管理する「ジェネラリスト」の2つのキャリアプランが代表的です。

ネットワークエンジニアの年収と将来性について

ネットワークエンジニアの平均年収は約380万円です。エンジニア職の平均年収が400万円を超えますので、IT業界の中では高い方ではありません。ただ、スキルや経験によって年収が大きく左右される職種のため、高い技術を身に付けることで、年収アップが期待できるでしょう。

現在、各業界でのIT化が進んでおり、ネットワーク環境はなくてはならないものになっています。しかし、クラウドの普及により、新しくネットワークを設計・構築する案件が減り、運用や保守が中心となってきています。今後、需要がなくなってしまうことはないですが、クラウドに関してのスキルなど先端分野の知識が求められるようになってきます。

具体的な仕事内容とは?

ネットワーク全体に関わるため、仕事の幅が広く、仕事内容は大きく4つに分類することができます。それは、「設計・構築・運用・保守」です。この記載は、仕事の流れの順番になっていますが、初心者は保守からスタートするのが一般的です。それでは、具体的な仕事内容をみていきましょう、

設計

クライアントがどのようなネットワークを求めているかヒアリングを行い、要件に沿った設計書を作成します。ルーターなどのネットワーク機器の数や使用回線、セキュリティ面やアクセス権限など決める内容も多く、経験を積んだネットワークエンジニアでないと難しいでしょう。

また、クライアントとのやりとりが多いため、正確に相手からニーズを聞き出すヒアリング力と高いコミュニケーション能力が必要とされます。

構築

作成した設計書をもとにネットワーク機器の配置を行います。計画した期日に間に合うよう、サーバーや端末同士のつなぎ方を決定し、ネットワークを構築します。床下に配線を通す場合もあり、ネットワーク以外の知識や手先の器用さも必要とされます。構築にも設計と同様に豊富な実務経験が必要です。

作業に要する時間はネットワークの規模により異なり、大規模なものでは、数カ月に渡ることもあります。構築後はテストを行い、問題がなければ運用が始まります。

運用

構築したネットワークの管理を行います。当然ですが、ネットワークは勝手に動いてくれるわけではありません。構築したネットワークをスムーズに運用するため、機器の設定の見直しや構成変更を定期的に行う必要があります。基本的にはマニュアルが用意されていることも多いので、ネットワークエンジニアとしての経験が少なくても、着手しやすい仕事内容です。ネットワークの規模にもよりますが、一人〜数百人のエンジニアが管理者として従事しています。

保守

トラブルが起こった際の復旧対応を行います。ネットワーク機器の故障はもちろん、不正アクセスや情報漏洩が起こった場合の対処も仕事の1つです。トラブルの原因を素早く見つけ、迅速に対処する対応力が求められます。快適なネットワーク環境を維持するために、重要な役割です。運用と同様にマニュアルが準備されていることが多く、ネットワークエンジニアになり立てでも、任せてもらえる仕事内容です。

システムエンジニアとの相違点は

混同されることが多いシステムエンジニアとネットワークエンジニアですが、設計や開発を行う対象が異なります。

・ネットワークエンジニア

設計・構築する対象:コンピューターネットワーク(サーバーや端末同士)

・システムエンジニア

設計・構築する対象:コンピュータ上で動くソフトなどのシステム

システムエンジニアはコードを書き、コンピューター上でのシステム設計が仕事になります。そのため、同じ設計でも大きな違いがあります。

ネットワークエンジニアに求められるスキル3選

※画像はイメージです(GettyImages)

ネットワークエンジニアとして働くにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

ここでは、求められるスキルを3つ解説します。ネットワークエンジニアを目指している人はぜひ参考にしてみてください。

ヒアリングスキル

ネットワークエンジニアには、ヒアリング能力が求められます。なぜなら、クライアントのニーズや要望を正確に引き出すことができなければ、良い設計書を作成することができないからです。設計の段階から崩れてしまうと、ネットワーク環境をしっかり整えることができません。クライアントの声に耳を傾け気持ちを汲み取るヒアリング力は必須でしょう。

ロジカルシンキングスキル

クライアントの要望を聞き出すだけではなく、その課題を解決するためのネットワークを構築する論理的思考力が必要となります。クライアントの予算や環境に合わせて、情報を処理し、最適なネットワーク環境を構築するロジカルシンキングスキルが求められます。情報量がとても多い仕事内容なので、普段から物事を論理的に考える練習をしておくといいかもしれません。

セキュリティやネットワークに関する知識とスキル

ネットワークを設計・構築するにあたってセキュリティやネットワークに関する知識は必要不可欠です。また、知識がなければトラブルの対応もできません。なぜこの事象が起きたかの分析や、同じ事象が発生しないための対策は、知識があって初めて成り立ちます。

ネットワークエンジニアとしてのキャリアアップを目指すためにも、専門知識は深めておくべきでしょう。

まとめ

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計や構築、運用や保守などネットワーク全体に関わる技術者です。平均年収は他のIT業界の職種と比べると低い傾向にありますが、経験やスキルによって大きく左右されます。クライアントの要望を聞き出すヒアリング力と、要件を的確に整理し、実行できる論理的思考力、ネットワーク関連の豊富な知識が必要になります。

クラウドの普及により、設計や構築の案件は減ってきていますが、仕事がなくなってしまうことはないでしょう。クラウドに関する知識や専門知識を深めることで、活躍の場を広げられます。

  1. 企業からの面接日程のメールにはどう返信するべき? ポイントや例文を紹介

  2. 退職した会社から離職票が来ないとどうなる? 届かない理由と対処法を紹介

  3. 紛失した離職票は再発行できる!? 再発行に必要な書類や申請方法を解説

  4. 離職票は公務員も受け取れる? 退職後に受給可能な手当について解説

  5. 失業手当を受給している間は扶養に入れる? 受給中の扶養について解説