サンライト帳

ほどよい距離感

産経ニュース
新宮霊園に誕生した「古墳型永久墓」(新宮霊園提供)
新宮霊園に誕生した「古墳型永久墓」(新宮霊園提供)

「不即不離(ふそくふり)」-。もとは仏教用語のようだが、つかず離れずの「ほどよい距離や関係」を意味する。この「ほどよさ」を、自らの死後の住処(すみか)で求める人が増えつつあるという▼歌手の長渕剛さんが歌うテレビCMで知られる「新宮霊園」に誕生した前方後円墳型の墓。その形状に目がいきがちだが、相次ぐ来園者からは死後への思いの「当世」が垣間見える▼「両親と娘さん夫婦が一緒に申し込みをされたケースがありました」(営業担当)。30センチ四方の埋葬スペースを4区画、墓石のない「隣り合う個室墓」の選択は、少子高齢化や不測の時代が生む将来不安を和らげる1つの答えなのだろう。と同時に、死後にも「ほどよい距離」を求める意識が存在するようだ▼物理的にも精神的にも人と人の距離のあり方を問いかけるコロナ禍。関係性の理想と現実のはざまの不即不離を求め、「ほどよさ」を希求する行動は広がっていくのではないか。古墳の形の墓への関心の高さは、それを示唆しているように思えた。(植野伸治)

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に