東武鉄道、SL事業に注力 3機目が7月に運行開始

産経ニュース
試運転に臨む3機目の蒸気機関車「C11形123号機」=21日、埼玉県久喜市(東武鉄道提供)
試運転に臨む3機目の蒸気機関車「C11形123号機」=21日、埼玉県久喜市(東武鉄道提供)

東武鉄道は、3機目となる蒸気機関車(SL)の復元作業を埼玉県久喜市の車両基地で進めている。7月に栃木県内で運行を開始する予定だ。SLを復元して運行する取り組みは大手私鉄では他に例がなく、集客力向上の軸と位置づけて力を注いでいる。

3機目として復元が進むのは、グループの東武博物館が日本鉄道保存協会から譲渡された「C11形123号機」。廃車となってから50年近く北海道で保存されていた。

今年4月に試運転を始め、試験線の約800メートルの区間を数往復し、車輪などに異常がないかを確認した。今後は営業線などで試運転を重ねて7月の運行開始に備える。6月には既存の2機とつないで走らせるイベントも予定されており、鉄道ファンの注目を集めそうだ。

東武鉄道は、東武日光線の東武日光駅―下今市駅間と東武鬼怒川線の下今市駅-鬼怒川温泉駅間で2機のSLを走らせており、3機目もこれらの路線に投入する。担当者は「3機体制によって運行が安定する。早く運用を軌道に乗せたい」と強調する。

東武鉄道は平成29年8月、東日本大震災の影響で落ち込んだ観光需要の回復を目指すため、日光・鬼怒川地域の活性化の目玉として約50年ぶりにSLの運行を始めた。取り組みは成功し話題を集めてきたが、新型コロナウイルス感染拡大長期化の影響で再び苦境に陥っており、SL事業を充実させ需要の喚起を図る構えだ。(中村智隆)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」