S列車で行こう シルバーマル“得”ぶらり歩き

「コトバだけでは伝わらない」 シベリア抑留者の伝えたいおはなしが絵に 平和祈念展示資料館

zakzak
戦争のおはなし展示コーナー
戦争のおはなし展示コーナー

「戦争を知らない子供たち」の歌の通り、戦争を知らずに育った世代がもはやシニアだ。かくいう筆者もそうだ。筆者の親は関東軍の兵士でシベリア抑留組だった。親からは詳しい話を聞いたことがなかったので、ノンキに髪をのばしてジローズの歌を口ずさんだりして青春時代を過ごした。

いまウクライナで起きていることを見るにつけ、日本にとってひとごとではないと思う。そこで、前から一度訪ねたいと思っていた東京・新宿の「平和祈念展示資料館」に向かった。24日まで開催中の「こどもと大人におくる戦争のおはなし」を見るためだ。

新宿住友ビル
新宿住友ビル

都営交通乗り放題のシルバーパスを使い都営三田線春日で大江戸線に乗り換え、都庁前で降りると目の前に住友三角ビルがそびえている。エレベーターで33階に上がると、受付があり、すぐに企画展示コーナーがあった。

「コトバだけでは伝わらない。絵にするとわかってくれた。」というサブタイトル通り、シベリア抑留者や引き揚げ者の伝えたいおはなしが絵になった紙芝居やかるたなどが展示されている。「あしたのジョー」のちばてつやさんが満州からの引き揚げを描いた作品などを見て回る。

「戦争のおはなし」ポスター

引き揚げ船の中で、幼児2人を置き去りにしたと泣き泣き語る母親、「ダモイ(帰国)」といわれてシベリアに行き(ソ連はだましの名人)…まさにいまウクライナで起きていることと同じではないか。

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走