仏政界再編へ 大統領選、保革二大政党にとどめ刺す

産経ニュース
24日、パリのエッフェル塔前に集まったマクロン大統領の支持者ら(AP)
24日、パリのエッフェル塔前に集まったマクロン大統領の支持者ら(AP)

【パリ=三井美奈】今回の仏大統領選は、戦後政治を担った保革二大政党の凋落(ちょうらく)にとどめを刺した。6月の下院選に向け、政界は再編に動きだした。

左派陣営はオランド前政権を担った社会党が主役を去り、第1回投票で3位となった急進左派のジャンリュック・メランション下院議員を軸に再編が進むとみられる。社会党のほか、緑の党の重鎮から、下院選での連携を求める声が相次いだ。メランション氏は24日、「あきらめるな。マクロン政権を打ち負かし、別の道を示すことができる」とげきを飛ばした。

保守系、共和党は分裂が必至。今回の選挙で党の大物が相次いでマクロン氏支持に回る一方、伝統的な保守票はかなり、極右候補に流れた。共和党はドゴール大統領与党の流れをくむ保守本流で、堅固な地方組織を持つが、今後はマクロン氏の中道与党、極右政党に基盤を吸収されそうだ。

マクロン氏 露に対話と圧力 兵器「ミラン」供与も

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. さんま、上島竜兵さんに「本当に好きな芸人が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立ってる」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」