第60回神奈川県民の警察官 3氏に栄誉

産経ニュース
神奈川県民の警察官について選考委員らによる厳正な審査が行われた=25日、横浜市のホテルメルパルク横浜
神奈川県民の警察官について選考委員らによる厳正な審査が行われた=25日、横浜市のホテルメルパルク横浜

神奈川県民の安全と平穏な生活を守るため、日々現場で活躍する警察官を顕彰する今年度の第60回「県民の警察官」表彰(産経新聞社主催)の最終選考会が25日、横浜市中区の「ホテルメルパルク横浜」で行われた。

厳正な審査の結果、機動捜査隊第2中隊の神宮寺大輔警部補(53)▽秦野署堀西駐在所の姫野豊警部補(54)▽生活安全総務課庶務係の今井美智代警部補(57)―の3人が選ばれた。

選考会では、現場からの推薦を受けて最終選考に残った5人の中から3人を選考。冒頭で、選考委員長を務める横浜キワニスクラブの杉田義朗会長は「5人とも非常に優秀。このなかから3人を選ぶのは大変難しい仕事だ」と、選考に向けての思いを語った。

鎌田耕造・県警監察官室長は「県民の警察官は今回で60回目に当たり、これまで表彰された警察官はわずか約180人。選ばれる者にとって、こんなに名誉なことはない」などとあいさつした。

続けて、同室の滝沢雄之助監察補佐官が5人の経歴やこれまでの実績、主なエピソードなどを紹介した後、審査に入った。

審査では、出席した選考委員から候補者について、「地域に根差した活動を評価したい」などの声があがり、会場では活発な議論が行われた。

最後に杉田会長は「難しい選考だった」としながらも、今年の受章者3人を決定。特別賞には、被害者支援室と人身安全対策課の2団体を選出した。

表彰式は6月10日に行われる。新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、昨年度に引き続き、県警音楽隊によるコンサートなどの開催は見送られる。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に