JR脱線事故から17年 発生時刻に黙祷

産経ニュース
JR福知山線脱線事故から17年を迎え、黙祷する人たち=25日午前9時18分、兵庫県尼崎市(沢野貴信撮影)
JR福知山線脱線事故から17年を迎え、黙祷する人たち=25日午前9時18分、兵庫県尼崎市(沢野貴信撮影)

兵庫県尼崎市で平成17年4月、乗客106人が死亡、562人が重軽傷を負ったJR福知山線脱線事故は25日、発生から17年を迎えた。事故現場に整備された「祈りの杜(もり)」では、追悼慰霊式を開催。新型コロナウイルス感染拡大の影響で昨年と一昨年は中止となっており、3年ぶりの実施となる。

事故発生時刻の午前9時18分。現場付近では、静かに手を合わせたり、頭を下げたりして犠牲者を悼む人たちの姿があった。鉄道会社への就職を目指している大阪市内の専門学校生の男性(18)は「鉄道にとって何よりも安全が重要であることを痛感した」と話した。

JR西日本の役員は、祈りの杜内の事故の痕跡が残る場所で黙禱(もくとう)。直前には、快速電車が通常より速度を落として通過した。

17年前、男性運転士=当時(23)、死亡=が運転する快速電車は制限速度70キロを大幅に超える116キロで現場カーブに進入し、脱線。線路脇のマンションに激突した。

19年に公表された事故調査報告書によると、快速電車は事故前、伊丹駅で72メートルオーバーラン。懲罰的な「日勤教育」への懸念から、車掌の無線に気を払い、運転への注意がそれた可能性が指摘されている。

事故により、日勤教育のほか、過密ダイヤや自動列車停止装置(ATS)の整備遅れといったJR西の組織的な問題が次々と明らかになった。

ATSの設置を怠ったとして、山崎正夫元社長が業務上過失致死傷罪で在宅起訴されたが、無罪判決が確定。他にも歴代3社長が強制起訴されたが、いずれも無罪判決が確定した。

JR西では今年4月時点で事故後に入社した社員が約6割に達した。新型コロナの影響で経営環境も悪化する中、事故の風化を防ぎ、教訓を継承できるかが課題となっている。

  1. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  2. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  3. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」