ロッテ・佐々木朗希、24日オリックスと再戦 52打者連続アウト継続中、世界が注目サンデー伝説

サンスポ
完全投球を継続中の佐々木朗が24日のオリックス戦に臨む(撮影・甘利慈)
完全投球を継続中の佐々木朗が24日のオリックス戦に臨む(撮影・甘利慈)

ロッテ・佐々木朗希投手(20)が、24日午後1時試合開始のオリックス戦(京セラ)に先発する。10日に20歳5カ月の史上最年少で完全試合を達成した相手との再戦で、2度目の達成となれば史上初。23日は同球場でキャッチボールなどで調整した。米大リーグ最多記録を超えた52打者連続アウトを継続中。記録更新の期待もかかる。同日のオリックス5回戦(同)は延長十一回、2-3でサヨナラ負けを喫した。

世界の野球界が熱視線を送るマウンドに立つ。注目の一戦を前に、佐々木朗希は静かに闘志をたぎらせた。

「(オリックスとは)今シーズン2度目の対戦となるので、しっかりと工夫をしながら、ゼロで抑えられるように頑張ります」

この日は試合前の全体練習に参加し、強めのキャッチボールなどで調整した。22日にはブルペンに入り、捕手を座らせて23球を投げており、戦闘態勢は整った。

前回17日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で8回を一人の走者も出さずに抑えて降板し、17イニング連続で完全投球を続けている。急きょ、関西ローカルのカンテレ(関西テレビ)で午後4時からの緊急中継(ダイジェスト放送)が決まるなど、周囲は盛り上がる一方だ。

海外でも話題を呼んでいる。AP通信は、投手としての特長とともに、岩手県出身で東日本大震災により父を亡くしたことも紹介。「日曜日に再び完全試合に挑戦する」と報じ「再び達成できるかに世界の野球界が注目」と打電した。

一方、井口監督は24日の投球次第で、登板間隔を通常の中6日から一時的に日数を増やす方針。延長戦で敗れたこの日の試合後に、佐々木朗の質問を受け「(味方が)点を取らないと勝てない。まずはしっかり野手に点を取ってもらいたい」と注文を付けた。(広岡浩二)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図