夕刊フジ×キイストン 飲食業新時代への挑戦

新しい〝微アル〟の要望に応え、気軽に楽しめる本物の味 「発旺山(バルワンサン) 微アルコールマッコリ」(COCOA)

zakzak

「発旺山 微アルコールマッコリ」輸入・販売に至った経緯は、コロナ禍におけるノンアル・微アル需要が高まっていた昨年、飲食店から「同じような商品しかない、ビールではない何か新しい微アル飲料が欲しい」と相談を受けたことが発端だ。

平昌オリンピックの開催地、「発旺山」の名がつくマッコリを扱う企業と昨年末契約。今年3月に成分検査を終え、4月より流通開始となった。すでに、マツモトキヨシや紀伊国屋での販売が決定しており、飲食店での試飲キャンペーンなどの販促プロモーションも始まっている。

商品の特徴は、(1)本物のマッコリ味の再現(2)ラクトバチルスプランタルム乳酸菌配合(3)フラクトオリゴ糖配合④どんな料理にも合わせやすい微炭酸と、飲みやすさと美容・健康に配慮していることで、低カロリー(36キロカロリー/100ミリリットル)なのも人気が出そうである。

飲食店での提供はもちろん、家飲み、アウトドアやゴルフ場での需要も視野に入れていき、これまでマッコリを飲んだことのない人にも気軽に楽しんでもらえるよう、販路を拡大していく。 (取材・福士由紀)

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗