巨人・シューメーカー、無四球2安打完封で来日1勝! 元同僚・大谷翔平から「日本で楽しんできて」

サンスポ
シューメーカーが来日初勝利をマーク。140キロ台前半の速球を動かし、バットの芯を外した(撮影・塩浦孝明)
シューメーカーが来日初勝利をマーク。140キロ台前半の速球を動かし、バットの芯を外した(撮影・塩浦孝明)

巨人の新外国人、マット・シューメーカー投手(35)が23日、中日5回戦(バンテリンドーム)に先発し、2安打無四球で来日初勝利を完封で飾った。米大リーグのエンゼルス時代に大谷翔平投手(27)と同僚だったメジャー通算46勝右腕が、七回2死まで一人の走者も許さない快投。今季チーム初完封で3-0の勝利に貢献し、今季2度目の6連勝に導いた。

信頼に応えたい一心だった。七回終了後。ベンチで続投の意思を首脳陣から問われたシューメーカーは、力強く言い切った。

「I can」

左足をダイナミックに上げるフォームが特徴(撮影・塩浦孝明)
左足をダイナミックに上げるフォームが特徴(撮影・塩浦孝明)

この回の2死でA・マルティネスに初安打を許し、一人の走者も出さない完全投球が途切れていた。それでも腹をくくり、2安打無四球で今季チーム初の完封勝利。122球の熱投だった。

「選手冥利に尽きます。みんなが一つの絵を完成させた」

低めへの制球がさえた。左足を高く上げるフォームから得意のスプリットを沈め、打者に自分のスイングをさせない。直球の最速は148キロ。スライダーで横の揺さぶりも加えて8三振を奪った。

アウトを重ねるごとに、波紋のように観衆の拍手が広がった。3万650人の脳裏には、完全試合で強烈なインパクトを残したばかりのロッテ・佐々木朗に続く偉業が浮かんでいた。原監督も「夢のようなことが(起きそう)というぐらいね。無四球はすごく価値がある」と称賛した。

もっとも、メジャー通算46勝の35歳は冷静だった。初安打を許した後も、淡々とした表情と小気味いいテンポは変わらない。六回には右前打で出塁して先制のホームを踏み、鮮やかに来日初勝利を飾った。

シューメーカー(左)はエンゼルス時代の2018年の1シーズン、大谷とチームメートだった

2018年にエンゼルスで大谷とプレーし、日本の文化や野球の特徴を学んだ。「どういう場面で、どういう球種を使うとか、いろいろな話をした」。この日さえわたったスプリットについても意見を交換。巨人入りを電話で報告すると「日本で楽しんできて」と背中を押された。

首位を快走するチームを6連勝に導いた。「優勝が目標。ジャイアンツファンは紳士に応援してくれてうれしい」。頼もしい助っ人が、G党の心をがっちりとつかんだ。(鈴木智紘)

★データBOX

❶巨人の新外国人・シューメーカーが来日初勝利を完封で飾った。来日初勝利が完封勝利だったのは、2015年3月28日の広島・ジョンソン(被安打1の準完全試合、対ヤクルト)以来7年ぶり。

❷2リーグ制(1950年)以降、巨人で来日初勝利が完封だったのは、1996年4月17日のガルベス(被安打5、対中日)以来26年ぶり3人目。被安打2以下だったのは、85年4月26日のカムストック(被安打1、対中日)以来37年ぶり2人目。無四死球完封は初めて。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. あすの「ちむどんどん」5月17日OA第27話あらすじ 賢秀が多額の借金を残し失踪 困った暢子を救ったのは…

  3. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  4. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  5. 「おかえりモネ1周年」のハッシュタグで盛り上がる りょーちん、俺たちの菅波など振り返り胸熱に