木下彩が大会コースレコードタイ63 渋野日向子の親友で顔も性格もそっくり/フジサンケイL

サンスポ
63をマークした木下彩=静岡県伊東市の川奈ホテルゴルフコース・富士コース(撮影・佐藤徳昭)
63をマークした木下彩=静岡県伊東市の川奈ホテルゴルフコース・富士コース(撮影・佐藤徳昭)

フジサンケイレディスクラシック第2日(23日、静岡・川奈ホテルGC富士C=6447ヤード、パー71)首位と7打差の24位から出た木下彩(23)=長府製作所=が8バーディー、ボギーなしで、大会コースレコードに並ぶ63をマーク。通算9アンダーで、トップの高橋彩華(さやか、23)=東芝=に1打差の2位に急浮上した。同じ1998年度生まれの「黄金世代」で友人の渋野日向子にそっくりなヒロイン候補。同世代11人目のツアー優勝者になることを目指し、チャージをかけた。

愛嬌(あいきょう)たっぷりの笑顔と、素直な物言いが良く似ている。ゴルフ界のヒロイン、渋野日向子似の木下が2位に急上昇。最高の内容に声を弾ませた。

木下彩
木下彩
渋野日向子
渋野日向子

「いつの間にかバーディーを取っていた。きょうはショットもパットもよかったので、100点満点です!」。3番から5番、8番から10番と2度の3連続バーディーを奪うと、13番(パー4)では残り115ヤードの2打目をピン奥2メートルにつけ、8つ目のバーディー。2019年の申ジエ、今年初日の高橋彩華に並ぶ大会コースレコードタイの63を出した。

山口県出身の23歳。地元で通っていた練習場は川奈と同じ高麗グリーンで「昔から高麗だったので。外れてもグリーンのせいにできるし」と慣れたものだ。高校時代から抱えるパットのイップスを克服するため、昨年8月の「ゴルフ5レディス」から長尺パターを使う。「抵抗はありましたが、周りの男子プロに『変えた方がいい』といわれて」。すると、同大会でツアー自己最高の27位。「格好じゃないんだなって思った」と光を見いだした。

同じ1998年度生まれの「黄金世代」を引っ張る渋野は岡山出身で地元が近く、中学生の頃からの友人。「あやたん」と呼ばれている。渋野に似ているといわれることに「そんな似とるかなと思う。(渋野と同じ)PINGの帽子をかぶったらやばいかな」と笑う。天真爛漫な性格に見えるが、本人いわく「緊張しいで人見知り」。好きな服の色は「白、黒、紺」だという。それでも会見では「カメラが嫌いなので、できるだけ映らないように」と笑いを誘う、愛されキャラだ。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」