するりベント酒

修善寺駅のアジ寿司弁当に感動 生臭さなぞゼロ、アジの味が爽やかにして明確

zakzak

味の具合がまだわからないから、一切れにちょびっと醤油をたらし、口に入れた。

・・・感動。陶然。思わず目を剥いた。うーん、これはすごい。駅弁のアジ寿司は過去に何度か食べたが、それらとは全然違う。生臭さなぞゼロ。アジの味が爽やかにして明確。

箱を千代紙で包んでいるのは伊達ではない。このくらいの梱包、せねば。この弁当には。

次に、生わさびをのせて、めしと一緒に頬張る。うおー、これまた絶品。飯もうまい。わさびもうまい。わさびは伊豆だもんな。醤油もナニゲにうまい。

もぐもぐやりながら弁当を見つめ「うーん」と唸った。

飲み込んで、自分を落ち着かせるように、酒をグビリ。この酒、カップではなくて瓶。150mlという、ワンカップよりちょいと少なめなのがよい。だが頭はすでに、アジ弁への次のひと箸に向いている。

今度は針生姜をのせていくか、と思ってひと切れ取ったら、下にピンクのものが。

桜の花の塩漬けだ。うわー、今日は修善寺の山桜の美しく咲くのを見たばかりだ。なんという演出。いただきましょうぞ。

本当に、角までぎっしり入っていて、おいしいアジをケチらずどんどん食べ進められるシアワセ。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗