●虎将トーク

今季6度目の完封負けに阪神・矢野監督は「打線が何とかせなアカンよね、そら」両リーグ最速の20敗到達

サンスポ
ベンチの阪神・矢野監督=神宮球場(撮影・今野顕)
ベンチの阪神・矢野監督=神宮球場(撮影・今野顕)

(セ・リーグ、ヤクルト1ー0阪神、5回戦、ヤクルト4勝1敗、23日、神宮)阪神は今季6度目の完封負け。失点は先発のアーロン・ウィルカーソン投手(32)が四回に浴びた本塁打のみで、一回1死満塁の先制機を逸したことが大きかった。両リーグ最速の20敗目を喫した矢野耀大監督(53)の一問一答は以下の通り(チーム成績4勝20敗1分、観衆2万6197人)。

ーーウィルカーソンは一発に泣いた

「泣くというか、打線が何とかせなアカンよね、そら。ピッチング的には四球無しやったっけ(実際に無四球)。泣いたっていうような、そんなもん、ピッチングじゃないでしょ。しっかりした投球をしてくれたんでね」

ーー今後も期待できる

「もちろんもちろん。いろんなバリエーションのアウトの取り方ができるんで、そんなに対戦したからといって、簡単という感じには思わないよね、うん」

ーーやはり初回が

「いやもうそこしかないよね。初回でつぶせるチャンスがありながらね、今日の試合なんか絶対勝たなアカン。いつも終わってからの話になるんで、結果論にはなるけど、あこで、崩せてたら、たぶんあこまで行くことも無かったと思うし、あこで点取れないというのがもう全てやね」

ーーやはり上位が出て主軸にまわるところの方が手堅くいきやすい

「うーん、それはあるよね。拓夢で長打というの感じもないんで。島田のスタート自体も悪くなかったし、まあ、いいチャレンジだったと俺は思っているし(七回代走で盗塁死)。どこかで一番点が取れる、確率が上がるところで勝負していかないとダメなので。そういうところでは、そういうところで勝負しにいったんやけど、それはもう相手があることなので、それを俺は受け止めているし」

(さらに続けて)

「うーん、まあ、初回のところとね。チカの状態も、今日の内容はそんなに悪くなかったんで、まあチカがやっぱり出てっていうところが、ウチの流れになると思うんで。そこの状態が上がってきてくれるという期待はしたいけど」

ーー1点差や完封負けが多い。重圧もかかる場面で打たなくてはいけない

「重圧というのは別にないと思うんだけどね。まあ、1点差を勝っていかないとダメなチームなのでね、うちは。そんなにガンガン点を取ってというチームじゃないから。だからこそこういう試合を勝って、いい流れ、いいムードを作りながら、その中でバッター陣の状態が上がってくる(ようにしないと)。ピッチャーはここ最近そんなこと言ってるけど、みんな落ち着いて投球してくれているんで。だからこそ打線の奮起が必要だし、俺自身もどうやって点を取るかを考えていかないといけないかなと思います」

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」