マンガ探偵局がゆく

追悼・藤子不二雄(A) さん 戦後間もない神田の路上で売られていた? 編集長の子息が著者の回想録『「漫画少年」物語』

zakzak
『「漫画少年」物語』(提供写真)
『「漫画少年」物語』(提供写真)

先日亡くなった藤子不二雄(A) さん追悼の思いを込め、藤子さんたちがマンガ家になるきっかけになった雑誌の調査を取り上げよう。

「今年85歳になる祖父に代わっての依頼です。わが家は父親の代に引っ越すまでは、ずっと東京・神田の万世橋あたりで化学薬品関係の商売をしていたそうです。祖父が小学生時代に、外堀通りと靖国通りが交差する淡路町の路上で、子ども向けの月刊誌を買ってもらったことがあったらしいのです。それが、このコーナーにもしばしば出てくる『漫画少年』ではないか、調べてほしいと言うのです。お正月というのに売っていたのはまだ子どもで、『闇市の露店とは違う雰囲気だった』と言うのですが」 (江戸っ子)

月刊誌『漫画少年』は、手塚治虫が雑誌での出世作『ジャングル大帝』を連載し、手塚を慕う藤子たち若者たちがマンガ家を目指した、いわば戦後マンガの黎明(れいめい)期を支えた雑誌。発行元の学童社は、文京区弓町時代が有名で、文京ふるさと歴史館でも2009年に特別展『実録!〝漫画少年誌〟―昭和の名編集者・加藤謙一伝―』を開催しているほどだ。弓町のあとは、同じ文京区の後楽園にあった満州会館(いまは日中友好会館)に移り、そこで雑誌と会社の歴史を閉じている。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛