平内がプロ初勝利!巨人4連勝で首位固め ドラフト上位指名投手リレーでコイ料理

サンスポ
待望のプロ初勝利に笑顔の平内(右)。原監督は勝利球を持つ右腕を掲げ、祝福した(撮影・斎藤浩一)
待望のプロ初勝利に笑顔の平内(右)。原監督は勝利球を持つ右腕を掲げ、祝福した(撮影・斎藤浩一)

(セ・リーグ、巨人8-4広島、6回戦、巨人4勝2敗、21日、東京D)直球、直球、また直球-。ドラフト1位で昨季入団した巨人・平内龍太投手(23)が、力でねじ伏せた。2点リードの五回から2番手で登板し、150キロ超の速球で押して2回を打者6人で料理。今季球団5人目となる初勝利を飾り、お立ち台で相好を崩した。

「支えてくれた両親に報告したいです。『勝ったよ』と」

亜大からプロの門をたたいた1年目は、即戦力の期待に応えられなかった。1軍での登板は3試合、計5回で防御率14・40。オフは尻回りを鍛え、身長185センチで95キロだった体重を100キロまで増やした。丸太のように太い脚から速球を生み出し、この日は坂倉ら好打者を球威で圧倒した。

逆境を乗り越えてきた野球人生だ。神戸国際大付高時代はドラフトの指名漏れを経験。大学時代は故障が相次ぎ、4年を迎える春に肘にメスを入れた。「もう投げたくない」。折れかけた心を奮い立たせるべく、入院期間には野村克也氏の著書を手に取り、挫折からはい上がった一流の思考法を吸収した。

チームは20年のドラフト1位・堀田が先発で4失点したものの、平内から畠(17年2位)、鍬原(18年1位)と歴代の上位指名投手が無失点でつなぎ4連勝。2位とのゲーム差を3に広げた。「(実力は)まだまだ一番下。一日一日が勝負」と平内。背番号11のプロ生活は、ここで始まる。(鈴木智紘)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」