亀田和毅、TRYBOX平成西山ジムへ移籍/ボクシング

サンスポ
TRYBOX平成西山ジムへの移籍が決まり、新天地での完全燃焼を誓う亀田和毅
TRYBOX平成西山ジムへの移籍が決まり、新天地での完全燃焼を誓う亀田和毅

プロボクシングの元世界2階級制覇王者で、「亀田3兄弟」の三男、亀田和毅(30)が22日、TRYBOX平成西山ジムへの移籍を発表した。3月に「家族から離れ、より厳しい環境で自分を磨きたい」と長男の興毅氏(35)が会長を務める「3150ファイトクラブ(FC)」との所属契約を解除していた。兵庫・西宮市で会見した和毅は「ボクシングができる環境は整った。最後のボクシング人生。どこまで通用するか、全力でチャレンジし、納得できる試合をしたい」と決意を語った。

TRYBOX平成西山ジムは3150FCで和毅のトレーナーを務めた西山一志会長(44)が独立し、4月に創設した。和毅は「(目指す)マッチメークが僕の強い選手と闘いたいという方向性と一致したので、このジムに(移籍を)決めた」と説明。今後は日本で試合をしていくといい、「一番強いチャンピオンで絶対に盛り上がる試合になる。実現できたら最高」と改めてWBA、IBF世界バンタム級統一王者、井上尚弥(28)=大橋=との対戦を熱望した。

15歳で単身メキシコに渡り、2013年8月にWBO世界バンタム級王座、18年11月にはWBCスーパーバンタム級暫定王座を獲得した和毅は昨年3月、3150FC入り。12月にはWBA世界スーパーバンタム級王座挑戦者決定戦で判定勝ちし、WBA、IBF統一王者のムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)への挑戦権を獲得している。

今後の試合は未定だが、西山会長は「彼の力を信じて強気のマッチメークをしていきたい」と全面サポートを誓った。

和毅の通算成績は41戦38勝(20KO)3敗。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図