阪神・小野寺、代打満塁弾も敗北 球団史上初の屈辱

サンスポ
四回、一時逆転の満塁本塁打を放つ阪神・小野寺(撮影・松永渉平)
四回、一時逆転の満塁本塁打を放つ阪神・小野寺(撮影・松永渉平)

(セ・リーグ、DeNA7-5阪神=六回途中降雨コールド、5回戦、DeNA4勝1敗、21日、横浜)歓喜のウオーターシャワーになるはずが、まさかの涙雨に…。代打で逆転満塁弾を放った阪神・小野寺は悔しさをにじませながら、この日一番のハイライトを振り返った。

「監督、コーチ、選手みんなが勝ちたいと思って毎試合、挑んでいる。その中で何もできていなかったことが悔しかった。チャンスで回ってきたんで、結果を残そうと思いました」

試合前の時点で6打数無安打、打率0割の男が大仕事をやってのけた。

1-3の四回。1死走者なしから四死球と安打で塁が埋まり、先発・斎藤の代打で打席へ向かった。2球で2ストライクと追い込まれたが、「うまく反応できました」と真ん中付近の直球を振り抜いた。打球を左翼席まで運び一時逆転に成功。伏兵の今季1号となるグランドスラムにベンチもこの時ばかりはお祭りムードに包まれた。

代打満塁弾は「初めてですね」と小野寺。2021年9月30日の広島戦(甲子園)以来、自身203日ぶりのアーチは空砲となったが、〝直電〟のゲキには応えた。19日に1軍へ再昇格を果たす際、自宅で視線を向けたスマートフォンの画面に平田2軍監督の名前が浮かんでいた。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害