植竹希望、ツアー史上3人目の「初優勝から2週連続V」へ/フジサンケイL

サンスポ
プロアマトーナメントに出場する植竹希望 =静岡県伊東市の川奈ホテルゴルフコース・富士コース(撮影・佐藤徳昭)
プロアマトーナメントに出場する植竹希望 =静岡県伊東市の川奈ホテルゴルフコース・富士コース(撮影・佐藤徳昭)

女子ゴルフの「第40回フジサンケイレディスクラシック」(サンケイスポーツなど主催)は22日、静岡・川奈ホテルGC富士C(6447ヤード、パー71)で開幕。21日はプロアマ戦が行われ、前週ツアー初優勝を果たした植竹希望(23)=サーフビバレッジ=がコースを最終確認した。ツアーで過去に2人しかいない「初Vからの2週連続優勝」へ、2度目の川奈で力を振り絞る。

欠場という選択もあった。だが、植竹の体を動かしたのは、名門・川奈で戦う意義だった。

「もともとは休もうかなと考えていたが、どうしても回りたかった。すごくきれいで素晴らしいゴルフ場。出なきゃ駄目だなと」

前週の「KKT杯バンテリンレディス」でツアー史上最長2時間に及ぶ4人のプレーオフを制し、念願の初優勝。会場の熊本から自宅に戻るための帰京便に乗り込むと、一気に眠りに落ちた。着陸の衝撃でようやく目が覚めるほど、体は疲れていた。

1998年度生まれの「黄金世代」で10人目の優勝。渋野日向子ら同世代の仲間からも祝福メッセージが届き、その数は約600件に上ったが、「その日のうちに返信した」。栄光をつかんだ地道な努力は、まじめな人柄にも表れる。

昨年大会は通算5アンダーの8位と、初参戦ながら川奈で好成績を残した。初優勝から2週連続Vなら、西田智慧子、表純子に続くツアー史上3人目の快挙。「疲れも出るかもしれないが、一打への執着心を落とさないようにしたい」。己を奮い立たせて、植竹がスタートティーに立つ。(阿部慎)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」