痴漢撃退に一役買う「デジポリス」が話題 「いいアプリ」「普及してほしい」と注目

iza
警視庁の無料防犯アプリ「デジポリス」の画面
警視庁の無料防犯アプリ「デジポリス」の画面

電車内で10代の少女の体を触り、50代の男が現行犯逮捕されたという報道を受け、21日、ネットで警視庁の無料防犯アプリ「デジポリス」が話題になった。

「デジポリス」は2016年に導入されたアプリ。トップ画面には登録地点の犯罪発生状況が表示されるほか、特殊詐欺にあわないための学習コンテンツや子供と女性の安全情報、公開捜査などの情報を搭載している。話題になっている痴漢撃退機能以外にも、防犯ブザーとしての機能も備わっている。

情報番組「めざまし8」(フジテレビ系)が同日の放送で事件とともに同アプリを紹介。同番組によると、男は15日朝、埼玉県と東京都北区の間を走行中の電車内で、10代の少女の体を触ったとして現行犯逮捕。少女が痴漢撃退機能を活用し、周囲に助けを求めたことで、男性客らが男を取り押さえた。調べに対し、男は容疑を認めているという。

この機能は同アプリの下部にある「痴漢撃退」をタップすることで「痴漢です 助けてください」の文字が画面上に表示され、さらに画面をタップすると「やめてください」と音声が流れる。また、痴漢被害者を見かけた第三者が「ちかんされていませんか?」と尋ねるメッセージを表示することもできる。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛