韓国外相候補「日本は反省見せて」、批判は抑制 岸田首相の真榊奉納

産経ニュース
朴振議員(中央手前)ら(共同)
朴振議員(中央手前)ら(共同)

【ソウル=桜井紀雄】韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)次期政権の外相候補に指名されている朴振(パク・チン)氏は21日、岸田首相が靖国神社に真榊を奉納したことについて「日本が歴史を直視し、謙虚な反省の姿勢を見せてくれることが重要だ」と記者団に述べた。

尹次期大統領は文在寅(ムン・ジェイン)政権下で悪化した日韓関係の早期改善を目指している。朴氏の発言は、直接的な批判を避け、韓国政府の従来の見解を示す程度にとどまっており、尹次期政権の対日重視姿勢に影響はなさそうだ。

韓国外務省は21日、「日本の責任ある指導者らによる供物奉納や参拝がまた繰り返されたことに深い失望と遺憾の意を表す」とする報道官論評を発表した。

首相、靖国神社に真榊奉納 高市氏参拝、春季例大祭



  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛