「最大の起爆剤とられた」 IR否決に和歌山知事

産経ニュース
和歌山県議会の採決後、報道陣の取材に応じる仁坂吉伸知事=20日午後
和歌山県議会の採決後、報道陣の取材に応じる仁坂吉伸知事=20日午後

IR区域整備計画を否決した20日の和歌山県議会。採決後に報道関係者の取材に応じた仁坂吉伸知事は「国にチャレンジできると思っていたが、だめだった。県成長の最大の起爆剤がとられてしまった」と落胆した表情で話した。

否決された理由については「事業者の体制がどんどん大きくなるなかで、事業者の説明が『信用ならん』という(議員の)思いが最後まで付きまとった。あえて言うと、もうちょっと時間がほしかった」と発言。

一方で「国に持っていったら(計画の)足りなかった部分が分かる。国に出せるよう仕上げたつもり」とし、反対された理由については「反対した人に聞いてもらわないと仕方がない」と恨み節も漏れた。

今後については「(和歌山の)衰退を防ぎ、発展させるために新しい要素を入れなければいけないが、今(アイデアが)ポケットにあるわけではない。その前提で、できるだけ頑張りをしていかないと仕方ない」と述べた。

一方、県議会の森礼子議長は報道関係者の取材に対し、採決結果について「(議員の)皆さんがしっかり考えられた結果だと思う。和歌山をさらに盛り上げるために、改めて力を結集していかなければならない」と述べた。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」