日本ハム・新庄ビッグボス、伊藤大海&吉田輝星にノムさん流の外野守備指令「うまいんですよ、あの2人」

サンスポ
吉田(左)に指導する日本ハム・新庄監督。サプライズ起用が現実となるか
吉田(左)に指導する日本ハム・新庄監督。サプライズ起用が現実となるか

日本ハム・新庄剛志監督(50)が18日、伊藤大海(24)、吉田輝星(21)両投手に登板時に外野を守らせる〝仰天構想〟を描いていることを明らかにした。

「うまいんですよ、あの2人。投げて、新しい投手が来て、その間に左翼に行って、(またマウンドに)戻って、みたいなことをやる可能性があるから、外野の守備はしておいてと言った」

左打者に対し左腕のワンポイントリリーフを使う際などを想定したBIGBOSS指令に、2人は乗り気。投手の練習後、外野で打撃練習の打球を追うなど目慣らしも行っている。

投手が一度、野手のポジションを守って戻る例といえば、新庄監督が阪神での現役時代に師事した野村克也監督(当時)が駆使した「遠山・葛西スペシャル」が思い出される。巨人・松井秀喜に「顔も見たくない」と言わしめた対左のワンポイント左腕・遠山と右腕・葛西がマウンドと一塁を行き来する奇策だった。

それを再現するかのような〝新庄スペシャル〟。「(伊藤らは)『できるよ』とアピールしてくる。うれしいね」と指揮官。常識にとらわれず、勝利を追求する。

  1. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  2. 23日スタート「ちむどんどん」第7週あらすじ 房子は暢子に因縁? 良子は金吾から執ような求婚を受け続け…

  3. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  4. NYでジャパン・パレード 日米友好盛り上げる

  5. 露軍、渡河失敗で打撃 英国防省が分析