鈴木誠也9試合連続安打 日本選手最長に並ぶ

産経ニュース
レイズ戦の4回、左前打を放つカブス・鈴木。デビュー戦からの連続試合安打を9試合に伸ばした=シカゴ(共同)
レイズ戦の4回、左前打を放つカブス・鈴木。デビュー戦からの連続試合安打を9試合に伸ばした=シカゴ(共同)

米大リーグは18日、各地で行われ、カブスの鈴木はシカゴでのレイズ戦に「4番・右翼」でフル出場し、四回の左前打でデビュー戦からの連続試合安打を9試合に伸ばした。日本選手では2007年の岩村明憲(デビルレイズ=現レイズ)に並び、最長となった。3打数2安打2得点で4―2の勝利に貢献した。

エンゼルスの大谷はアストロズ戦に「1番・指名打者」で出場し、3打数1安打で8戦連続安打とした。試合は六回を終えて3―5。レッドソックスの沢村はツインズ戦で2―7の八回途中から4番手で登板し、1回⅓を1安打無失点だった。チームは3―8で敗れた。

パイレーツの筒香はブルワーズ戦で先発を外れた。(共同)

>鈴木誠也が週間MVP 大谷以来の1年目4月受賞、MLB

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛