ニトリ・イケア・無印……どのアプリが人気? 家具・インテリア購入は店舗よりオンラインが主流に

ITメディア
1位が「ニトリアプリ」、2位が「MUJI passport(無印良品アプリ)」(画像はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)
1位が「ニトリアプリ」、2位が「MUJI passport(無印良品アプリ)」(画像はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

ロイヤル顧客の反応可視化ツールを提供するスパコロ(東京都港区)は、全国20~69歳を対象に「OMO(オンラインとオフラインを融合したマーケティング)実態調査 家具店編」を実施した。

家具・インテリア関連のアプリで最も高い認知率と利用率だったのは「ニトリアプリ」(認知率40.0%、利用率26.4%)だった。

認知率が高い順では、次いで「MUJI passport(無印良品アプリ)」が22.1%、「IKEAアプリ」が20.4%、「majicaアプリ(ドン・キホーテアプリ)」13.6%、「Francfranc Rewards(フランフランアプリ)」が10.8%だった。

家具・インテリアの購買に関する意識、コロナの影響は?

コロナ禍を経て家具・インテリアに関する意識は変化したか聞いた。「特に変化はない」と答えた割合は52.1%と約半数だった。

一方で、47.9%は何かしらの意識が変化している。最も変化したと答えた割合が高かったのは「予算」だった。「予算・かけるお金が減った」は13.6%と、「増えた」の6.6%に対し、2倍以上多い結果だった。

家具・インテリアの購入チャネルの変化

コロナ禍前の家具・インテリア購入の主な購買チャネルを聞いたところ、1位は「ホームセンター」(32.4%)、2位は「家具・インテリアの専門店」(27.0%)、3位は「ECサイト(家具店等のECを除く)」(22.5%)、「セレクトショップ/雑貨店」(12.9%)、「家具・インテリアブランドのECサイト」(10.5%)だった。

一方、現在の主な購買チャネルでは、実店舗での購入は減少している。現在は「ECサイト(家具店等専門店のECを除く)」を利用する人が最も多く26.5%で、コロナ禍前から4.0ポイント増加した。「家具・インテリアブランドのECサイト」の利用者も7.3ポイント増加し、「ホームセンター」「家具・インテリアの専門店」に迫っている。

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  4. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終