「ゴールデンカムイ」実写化で元TOKIO長瀬智也さん待望論高まる? 杉元佐一役に「ピッタリ」「推せる」の声

iza
東京都区千代田区の集英社(早坂洋祐撮影)
東京都区千代田区の集英社(早坂洋祐撮影)

人気漫画「ゴールデンカムイ」が実写映画化されることが19日、「集英社オンライン」などで発表されたことを受け、同日、ヤフーリアルタイム検索トレンド上位に「長瀬智也」がランクインした。TOKIOの元メンバーで、昨年3月にジャニーズ事務所を退所した長瀬さん。人気漫画の映画化を受け、SNSには、長瀬さんの同作への出演を熱望するの声が殺到しており、「長瀬くんしかいない」「ピッタリやん」などと盛り上がっている。

「ゴールデンカムイ」は、明治時代の北海道を舞台に、埋蔵金伝説を追う男たちとアイヌ民族の少女の冒険を描く野田サトルさん作の人気漫画。28日発売の連載誌「週刊ヤングジャンプ」22・23合併号に掲載される314話で完結する。2014年に連載が始まり、アイヌ文化への理解を現代の若者らに広げた作品として各方面で高く評価された。単行本29巻までのシリーズ累計発行部数は1900万部(電子版含む)を突破し、アニメ化もされて人気を博した。

実写映画化は、版元となる集英社の公式サイトで発表されたほか、19日発売の29巻の帯でも告知された。公開時期やキャスト、スタッフなどの詳細については明かされていないことから、SNSでは、原作漫画やアニメ版のファンから、キャスティングについてさまざまな予想や願望が相次ぎ投稿されて盛り上がっている。

なかでも、「不死身の杉元」との異名をとるタフな主人公、杉元佐一役については「長瀬くんしかいないよなぁ」「うん納得っ」「すごいわかる」「それなら文句言わん」「推せる…ピッタリやん」というように、長瀬さんにぜひ演じてほしいと望むコメントが殺到。SNSでは、以前から同作のファンの間で、実写化を想定して人気俳優が勢揃いした豪華なキャスティングを妄想したり、長瀬さんら出演してもらいたい俳優の画像にキャラクターの衣装を組み合わせたり顔の傷を加工したコラージュ画像が出回って、楽しまれていた。

SNSで「長瀬待望論」が高まっていることを喜ぶネットユーザーも多く、「杉元佐一長瀬智也待望論、想像以上にいた」「やっぱりみんな『杉元は長瀬智也さんに』と思うんだな」「決まったわけでもないのに杉元=長瀬智也でトレンドはいっとるんは草」「自然と名前が上がるのかと感慨深い」といった書き込みも散見された。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図