カブス鈴木誠也の週間MVPに現地ファン「まだまだこれから」「新人賞が見えている」「シカゴ市長に!」

iza
カブスの鈴木誠也(撮影・山田結軌)
カブスの鈴木誠也(撮影・山田結軌)

米大リーグ、カブスの鈴木誠也(27)が開幕第2週の週間MVP(11~17日)に選出されたことを受け、SNSには現地のカブスファンから祝福メッセージが殺到した。

米大リーグ機構は現地時間18日、ナ・リーグの週間MVPに鈴木を選出。プロ野球の広島から移籍1年目で、日本選手が新人で4月に選ばれたのは、2018年のエンゼルスの大谷翔平以来となった。

鈴木は6試合に出場して17打数7安打、打率.412、2二塁打、3本塁打、5打点、出塁率.546の好成績をマーク。12日のパイレーツ戦ではメジャー移籍後初のマルチ本塁打を記録した。

受賞を受け、カブスの公式ツイッターやインスタグラムでは、「ナ・リーグ週間MVPおめでとう!」と画像を添えて祝福。目の覚めるような活躍ぶりにフォロワーは、「まず一つ目のMVP」「十分に値する」「彼を獲得した(カブス球団社長の)ジェド・ホイヤーは満塁弾を打ったようなもんだ!」などと興奮している。

この日(日本時間19日)のレイズ戦でも第2打席に左中間へ安打を放ち、メジャーデビューから9試合連続安打として、07年に岩村明憲(デビルレイズ)が記録した日本人記録に並んだ。現地のファンはここまでの活躍ぶりに「毎試合のようにヒットを打っているぜ」「まだまだこれから」「ダイヤの原石を見つけたかもな」などと満足しているようで、なかには「オレの中ではすでに最優秀新人賞が見えている」「そのうちナ・リーグのシーズンMVPを獲るだろう」「ぜひシカゴ市長に!」などとさらなる飛躍を期待する声も集まっている。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛