ロッテ・佐々木朗にお茶の間夢中!視聴率TG戦食った、瞬間最高は9・3%

サンスポ
17日の日本ハム戦で2試合連続の完全投球を見せた佐々木朗。日米から熱視線が送られる
17日の日本ハム戦で2試合連続の完全投球を見せた佐々木朗。日米から熱視線が送られる

ロッテ・佐々木朗希投手(20)は18日、八回まで完全投球を見せた日本ハム戦(ZOZOマリン)から一夜明け、ロッテ浦和球場でストレッチなどを行った。新たな伝説をつくった右腕に日米が騒然。パドレスのダルビッシュ有投手(35)らメジャーの日本勢が賛辞を並べ、地上波での緊急生中継は阪神-巨人(甲子園)の人気カードを上回る視聴率を記録した。次回登板は24日のオリックス戦(京セラ)。伝説の舞台は大阪に移る。

心地良く張った体を丁寧にほぐした。完全投球のまま八回で降板した日本ハム戦から一夜明け、佐々木朗は次回登板に向けて早速、動き出した。

「また、いい投球ができるように準備していきたい」

この日の取材対応はなかったが前日の試合後、そう決意を示した。コンディションに問題がなければ、次回登板は24日のオリックス戦。10日にZOZOマリンで達成した完全試合の相手と、舞台を京セラドーム大阪に移しての再戦となる。

私生活では栄養士のもとで食生活を管理徹底。疲労回復を最優先に睡眠時間を確保するなど節制しており、中6日が続く登板間隔も問題なし。自己最速の164キロを更新する〝Xデー〟も遠くなさそうだ。

剛腕が投げたとき、歴史が動く。連続奪三振こそ日本投手最長に並ぶ25イニングで途切れたが、打者52人連続アウトは継続中。2014年にペティット(ジャイアンツ)が記録した46の米大リーグ記録を上回り、ファンからはギネス世界記録認定へ期待の声が上がる。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」