北海道知事、鳥インフルの白老町で作業員ら激励

産経ニュース
殺処分作業などに従事する道職員らに声をかける鈴木直道知事(左)=19日午前10時すぎ、北海道の白老町総合体育館(代表撮影)
殺処分作業などに従事する道職員らに声をかける鈴木直道知事(左)=19日午前10時すぎ、北海道の白老町総合体育館(代表撮影)

北海道の鈴木直道知事は19日、白老町で発生した鶏が高病原性鳥インフルエンザに感染した問題で、同町を訪れて防疫活動の拠点となっている町総合体育館や鳥インフルが確認された農場などを視察した。

活動拠点の町総合体育館では、胆振総合振興局の谷内浩史局長や白老町の戸田安彦町長が当初想定された10日間の期間を2日程度前倒しで進んでいるなどと説明を受けた。

鈴木知事は「24時間3交代でこの危機に対応していただき、道民を代表して心から感謝したい。あと一息というところだが、緊張感をもってやってほしい」などと後方支援にあたる道や白老町、近隣の厚真町の応援職員らを激励。疑似患畜が確認された町内の養鶏場も訪れて作業員らに感謝の言葉を述べた。

町内の公共施設で行われた戸田町長らとの意見交換では、連携を進めるとともに、道民に安心してもらえるよう1日も早い防疫措置の完了などに取り組む考えを示した。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…