サントリー連覇 セッター大宅「今季の集大成といえるバレーをできた」 Vリーグ/バレー

サンスポ
名古屋を破り、優勝を決めたサントリーの柳田(右端)ら選手は抱き合って喜んだ=千葉ポートアリーナ
名古屋を破り、優勝を決めたサントリーの柳田(右端)ら選手は抱き合って喜んだ=千葉ポートアリーナ

バレーボール・Vリーグ男子(17日、千葉市・千葉ポートアリーナ)プレーオフ決勝第2戦が行われ、レギュラーラウンド2位のサントリーが同1位の名古屋に勝って2季連続9度目の優勝を果たした。名古屋は6季ぶりの優勝を逃した。10日の第1戦を0―3で落としていたサントリーは、第2戦は25―16、25―21、25―17の快勝で1勝1敗とした。1セットで争うゴールデンセット(GS)は25―17で制した。サントリーの大宅真樹主将(26)が最高殊勲選手に選ばれた。

藤中謙也、リベロ鶴田大樹が確実なサーブレシーブを上げ、相手ブロックに的を絞らせない攻撃を展開。サントリーが見事な逆転で2連覇を達成した。

「今季の集大成といえるバレーをできた。駆け引きができるパスで、すごく楽しかった」。セッター大宅は満足そうに振り返った。

今季は序盤から苦闘が続き、主砲で2012年ロンドン五輪金メダリストのドミトリー・ムセルスキーは9年前のドーピング違反のため合流が1月と遅れた。その後も新型コロナウイルスの影響で、監督不在で試合に臨んだことも。レギュラーシーズンでは名古屋に3連敗、パナソニックには4戦全敗だった。

それでも「プレー・ハード」のスローガンを掲げた選手たちは最後で力を発揮した。パナソニックに競り勝って臨んだ10日の決勝第1戦では名古屋に敗れたが、この日は快勝で逆転。「この1週間準備し、自信をもって戦えた」と大宅。

山村宏太監督は「信じられない。(第1戦の完敗から)1週間でここまで持ってきた選手はすごい」とたたえた。(只木信昭)

  1. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. いい人?高嶋政伸演じる料理長に「ちむどんどん」「裏があるはず」の声…「HOTEL」思い出す視聴者も

  4. あすの「ちむどんどん」5月20日OA第30話あらすじ 仕事と下宿先が決まった暢子が賢秀と再会、良子は求婚に揺れ…

  5. 唐田えりか、東出昌大と初キスシーン「本当に『好き』と思っていたので」