正論5月号

「中露通貨同盟」を封じ込めろ 特集「ウクライナの教訓」、「経済快快」特別版 産経新聞特別記者 田村秀男

産経ニュース
ロシアのラブロフ外相(左)と写真に納まる中国の王毅国務委員兼外相=中国安徽省(中国外務省の「微博(ウェイボ)」から、共同)
ロシアのラブロフ外相(左)と写真に納まる中国の王毅国務委員兼外相=中国安徽省(中国外務省の「微博(ウェイボ)」から、共同)

※この記事は、月刊「正論5月号」から転載しました。ご購入はこちらをクリック

金融のグローバリゼーションが極度にまで進んでいる中で、ウクライナを侵略したロシアに対する米欧日による大規模な金融制裁が本格化している。戦争の帰趨と合わせ、通貨覇権国米国が脱ドルをめざす中国の習近平国家主席とプーチン大統領の「中露通貨同盟」を封じ込められるかが、最大の焦点になってきた。

米欧日の金融制裁で、ロシアの主要銀行はドル取引が禁じられたうえに、銀行間の国際決済ネットワークである国際銀行間通信協会(SWIFT)から排除された。ロシア中央銀行が米欧日で持つ外貨資産は凍結されて使えず、ロシアの通貨ルーブルは暴落し、ロシアのドル建て国債はデフォルト(債務返済不履行)危機に陥った。ロシアからは大手金融資本のJPモルガン、ゴールドマン・サックス、クレジット大手のVISA、マスターカード、国際石油資本のエクソン・モービル、シェル、BP、スマホのアップル、自動車のフォード、外食のマクドナルド、飲料のコカコーラなど旧ソ連崩壊後のロシアに深く関わってきた米欧資本の代表格が軒並み撤退または事業停止に踏み切り、ロシアの経済社会が一挙に西側世界から断絶された。

代わりに勢いづいているのが中国資本である。ロシア企業からは中国の大手国有商業銀行のモスクワ支店に口座開設申し込みが殺到している。クレジット市場では国有大手の銀聯カードが参入に向けてロシアの銀行と提携交渉し、スマホではアップルが抜けた大きな穴を華為技術(フアーウェイ)、小米(シャオミ)を埋めようとモスクワで欣喜雀躍している。

西側の対露制裁に伴う漁夫の利を狙う中国資本の積極攻勢の背後には、プーチン氏と習近平氏の「盟友」関係がある。二月四日の北京冬季五輪開幕式に出席したプーチン氏に対し、習近平氏は「(ロシアと中国の)友情に限界はなく、協力する上で『禁じられた』分野はない」との文言を共同声明に盛り込んだ。そして、プーチン氏は満を持したかのようにウクライナ侵攻を開始し、西側は金融制裁を中心とする大規模な対ロシア制裁に踏み出した。

中国はもっぱら「交渉による解決」を求める一方で、西側の対露経済制裁反対を連呼する。中国はウクライナを拡大経済圏構想「一帯一路」の欧州側主要拠点として位置づけているばかりではない。中国初の空母遼寧はウクライナ製を輸入して改良を加えた例が示すように、同国を主要な軍装備の調達源としている。ウクライナには垂直離着陸機を発注済みだが、そのロシアの軍事侵攻のために同機を組み立てられなくなり、中国軍関係者を慌てさせている。にもかかわらず、ロシアのウクライナ軍事侵攻を非難しようとしない。

中国外交の欺瞞ぶりは習氏の忠実な代弁者、王毅外相の発言を追うとばればれだ。王毅氏は三月一日、ウクライナのクレバ外相との電話会談で、クレバ氏に対し、「一国の安全保障が他国の安全保障を犠牲にして達成されるべきではない」「地域の安全保障は、軍事圏の拡大では達成し得ない」ときれい事を並べ立てた。そして三月七日、王毅氏は全国人民代表大会(全人代、共産党が仕切る国会もどき)時の記者会見で、「中露の友情は岩のように強固で、中国を抑え込もうとする米国の試みに対抗するための戦略的なパートナーシップであり、世界に平和と安定をもたらすものだ」と習氏に代わって強弁してみせた。

党幹部の一部からは習氏のプーチン氏への入れ込みぶりを危ぶむ声があるとの情報も流れるが、実際には習政権の対露協力の意思の強固さは「岩」以上だと見るべきだろう。

その証左が三月十二日までに締結された四分野での中露協力協定である。西側メディアには報じられていないが、入手した中国発の情報によると、前述のプーチン・習共同声明に基づき、西側への対露経済制裁を踏まえて中露のウィンウィン(共益)と脱ドル依存を図る内容だ。ロシア産小麦輸入手続きの簡素化、ロシア産天然ガスと石油の輸入拡大、両国間のコンテナ海上輸送の促進に向け青島に共同輸送センターを設置、そして四番目に両国間貿易の人民元及びルーブルによる決済の採用とドル決済の排除をうたっている。

天然ガスは二千五百億立方メートル分の輸入で、十年間とすれば年平均二百五十億立方メートルで、二〇二〇年当時の三十五億立方メートルから大きく拡大し、現在のドイツ向けの約五割に相当する。原油は十年間で十億トン、年平均一億トン(日量約二百万バレル)を輸入する。中国のロシア原油輸入は二〇一四年三千万トン(同六十万バレル)から増加し続け、二一年は七千万トン(同百四十万バレル)の水準にある。要は、米欧からの石油や天然ガスの輸入禁止や中止に合わせ、中国が余剰分を買い上げ、使う通貨は人民元かルーブルでドル離れするという趣旨である。

特に注目すべきなのが、中露貿易のドルに代わる人民元決済の促進である。ルーブルも触れられてはいるが、暴落状態のルーブルでの決済は中国側にとってみれば受け入れられるはずはないだろう。

ドル排除の中露協力

中国は世界のエネルギー取引の人民元決済拡大を狙っており、サウジアラビアとの間で交渉中だ。ドルが基軸通貨の座を堅持できる主な理由の一つは、世界の石油市場の決済の八割がドル建てであることだ。アラブ最大の石油輸出国サウジは一九七四年当時、米ニクソン政権との合意に基づき、石油取引はずっとドル建てに限定してきた。かつてイラクのサダム・フセインが石油の輸出をドルではなくユーロ建てに切り替え、周辺のアラブ産油国に同調する動きが出たことがある。フセインの非ドル化戦略に危機感を覚えたブッシュ(子)政権が実際には存在しなかったイラクの大量破壊兵器保有疑惑を理由に、フセイン討伐を行ったとの見方が有力だ。


続きは、正論5月号でお読み下さい。ご購入はこちらをクリック


いまこそ「戦後」と決別を 「正論」5月号 主な内容

【特集】「核」を議論せよ

総理の責任として決断すべきこと 元衆議院議員 西村眞悟

「力の不均衡」が戦争を招く 麗澤大学客員教授・元空将 織田邦男

国会には核兵器を論じる義務がある 同志社大学特別客員教授 兼原信克

日米同盟に「核共有」は必要か 防衛研究所防衛政策研究室長 高橋杉雄

〝半属国〟から脱する非核重武装中立 軍事社会学者 北村淳

日本の「核共有」三つの選択肢 名桜大学国際学群准教授 志田淳二郎

プーチンの「核宣言」と米欧のジレンマ 麗澤大学特別教授・産経新聞ワシントン駐在客員特派員 古森義久

【特集】ウクライナの教訓

「次は自分」が欧州を変えた 産経新聞パリ支局長 三井美奈

強力対露制裁は日本の国益になる 国際政治学者 グレンコ・アンドリー

「中露通貨同盟」を封じ込めろ 経済快快特別版 産経新聞特別記者 田村秀男

身勝手な平和主義 チャイナ監視台 産経新聞台北支局長 矢板明夫

戦後の呪縛から転換図るドイツ 国際ジャーナリスト 安部雅延

危機対応能力が占うバイデン政権の命運 慶応義塾大学教授 渡辺靖

【月刊「正論」主催シンポジウム】

第一部 中国の脅威から国家国民を守るために 国家基本問題研究所理事長・ジャーナリスト 櫻井よしこ×自民党政調会長 高市早苗

第二部 ハイブリッド戦争とは何か 元陸上幕僚長 岩田清文×中曽根康弘世界平和研究所主任研究員 大澤淳

国民の命と国家を守るための経済安保 小林鷹之・経済安保担当相に聞く 経済ジャーナリスト 井上久男

【特集】改憲から逃げるな

明文改正で憲法の蘇生を 日本大学教授 池田実

否定的ではないが積極的に変える状況ない 立憲民主党代表 泉健太

国論二分するより合意得やすいものから 国民民主党代表 玉木雄一郎

党内分裂恐れる立憲 倒閣避けたい自民 日本維新の会共同代表 馬場伸幸

【特集】韓国大統領選

尹次期政権「薄氷の勝利」の意味 朝鮮半島藪睨み特別版 産経新聞編集委員 久保田るり子

日本が求める変化は期待薄 韓国研究者 荒木信子

【特集】満洲国再考

「防共回廊」の第一歩だった ウイグル文学研究者 ムカイダイス

日本は大陸に再び関与せよ 静岡大学教授 楊海英

五族協和を目指した〝幻の軍隊〟満州国軍 産経新聞編集委員 喜多由浩

甲状腺がん過剰診断の理不尽 宮城学院女子大学教授 緑川早苗

中国総領事のとんでも発信 産経新聞論説副委員長 佐々木類

「男→女→男」の私が言う 「性」は変えられない 「セックス・チェンジ・リグレット」主宰者 ウォルト・へイヤー 聞き手・正論編集

「森私塾」で育った自民党の執行部 連載「元老の世相を斬る」 元内閣総理大臣 森喜朗

国会議員免責特権 私の改革案 政策シンクタンク代表 原英史

平川祐弘氏に大賞 横田夫妻に特別賞 第三十七回「正論大賞」贈呈式

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  3. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」