佐々木朗希の〝偉業〟を中継したテレビ東京 「想像以上。高視聴率という結果なら望外の喜び」

サンスポ
四回を終え、タッチを交わす捕手・松川虎生(左)と佐々木朗希=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)
四回を終え、タッチを交わす捕手・松川虎生(左)と佐々木朗希=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)

プロ野球ロッテの佐々木朗希投手(20)が17日に行われた日本ハム戦(ZOZOマリン)で完全試合を達成した前回10日のオリックス戦(同)に続き、一人の走者を許さない〝完全〟投球を八回まで披露した。

この試合の生中継を15日に急きょ決定したテレビ東京はこの日、サンケイスポーツの取材に応じ、「大きな注目が集まる中での中継でしたので、少しでも長くパーフェクトイニングを続けてくれればと期待していましたが、八回まで完全投球とは想像以上でした。本当に佐々木投手の歴史的ピッチングに尽きると思います」と快投をたたえた。

SNS上でも、テレ東が中継を決断したことをたたえるコメントがあふれた。同局は「高視聴率という結果がついてきてくれるならもちろん望外の喜びですが、佐々木投手の歴史的な投球を中継することができたということで満足です」とし、「『とにかく注目の一戦を視聴者に皆さんに向けてお届けしたい』ということだけが、今回の緊急中継決定に至る社内の一致した合言葉でした」と話した。

一方、次回以降の生中継の予定については「今のところ、決まっていることはございません」と話すにとどめた。


  1. 英科学誌・ネイチャーが韓国をバッサリ「カネでノーベル賞は買えない」

  2. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  3. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  4. 長谷川京子が安藤政信と6時間ほぼ裸でシャワー室に… 「反響が楽しみ」

  5. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」