虎のソナタ

虎番たちの「忙しい試合後」戻ってきた 阪神勝つから取材で走り回れる!

サンスポ
ファーストピッチに登場したパワプロくん。コナミデジタルエンタテインメント社協賛の「パワプロ2022デー」でした
ファーストピッチに登場したパワプロくん。コナミデジタルエンタテインメント社協賛の「パワプロ2022デー」でした

(セ・リーグ、阪神2-1巨人、5回戦、巨人3勝2敗、16日、甲子園)あれほど難しかった「1つ勝つこと」だったが、15日の夜に1つ勝ったら、実にすんなり連勝してしまう。でも、1点差。しんどい。まだまだ冷静に試合を見ることはできていない。勝って安堵より、動揺している自分がいる。

悪夢の連敗中は、終盤1人走者を許すだけで、「また逆転されるんじゃないか」「きょうも勝てないのか」とおびえていた。16日も八回、セットアッパー湯浅が先頭・吉川に中前打を浴びるし、九回、守護神・岩崎が先頭・丸に中前打を浴びるし、「何とかなるんじゃないかなぁ」と楽観的に見ることなど、当分できそうにない。

超ヒヤヒヤの中での逃げ切り勝利。チームは、かなり平常心で戦える環境が戻ってきたような気もするが、こちらは心配しだすとキリがない。

戻ってきた、といえば、マンモススタジアムの大観衆が復活していた。遠目にはほぼ満員に見えた。4万354人。甲子園球場が4万人以上の大観衆で埋まったのは、2019年9月30日以来だとか。コロナ禍により、試合ができない時期があり、無観客開催の時期があり、観衆を入れても内野スタンドだけの数千人の時期もあった。2年半ぶりの懐かしい光景に、ちょっぴりウルっと来た。

  1. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  2. 上島竜兵さん死去 自宅で家族が異常に気づき…

  3. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  4. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  5. 上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛