書評

『言葉の周圏分布考』松本修著

産経ニュース
「言葉の周圏分布考」松本修著/集英社
「言葉の周圏分布考」松本修著/集英社

「アホ」や「バカ」の意味を持つ方言の分布を地図にし、反響を呼んだテレビ番組の企画「全国アホ・バカ分布図」から30年。放送した関西の人気番組「探偵!ナイトスクープ」の当時のプロデューサーである著者が、50以上の方言を分析して日本語の歴史に迫った。

方言は都が置かれた京都を中心に同心円を描くという民俗学者、柳田国男の「方言周圏論」を補強し、「古語は辺境に残る」説を可視化した。「どっさり」は「ぎょうさん」「ずっぱり」。「めかして」は「やつして」「しゃれて」。身近な言葉の広がりと歴史に知的好奇心が刺激される。(インターナショナル新書・1430円)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  3. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図