気になる!

新書『「おくのほそ道」をたどる旅 路線バスと徒歩で行く1612キロ』(下川裕治著、平凡社新書・968円)

産経ニュース
「おくのほそ道」をたどる旅
「おくのほそ道」をたどる旅

芭蕉の吟行をまとめた『おくのほそ道』の旅路をたどる紀行文。旅にまつわる数々の本を刊行してきた著者ならではの筆致で、細部まで丁寧に描いている。

例えば、著者が旅立つときの描写。出航時間や橋の名前など詳細が書かれ、臨場感を味わえる。ともに出航したかのような気分を堪能してから、本書に収録された芭蕉の句「行春(ゆくはる)や鳥啼魚(とりなきうを)の目は泪(なみだ)」を読むと、ひときわ胸にしみる。

俳句が旅の絶妙なアクセントになっている。閉塞(へいそく)感の漂うコロナ禍の中で旅行気分も味わえる。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. さんま、上島竜兵さんに「本当に好きな芸人が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立ってる」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」