CARストーリー

「先駆車」軽快乗り心地 スズキ・アルト

産経ニュース

「さわやかアルト 47万円!」。このフレーズに聞き覚えのあるのは50歳以上の方だろうか。昭和54年にデビューしたスズキ・アルトは、価格破壊の先駆けだ。徹底的なコストカットでラジオや時計はもちろん助手席ドアのカギ穴も省略し、84万台を売り上げた。軽人気を確立したアルトの9代目がデビュー、94万円からの価格設定は初代の志を受け継ぐ庶民の味方。軽というジャンルを不動のものとした〝先駆車〟アルトの最新モデルに試乗した。(土井繁孝、写真も)

価格を抑え実用性に追求する9代目アルト。どんな細い路地でも取り回しに困ることはない=東京都葛飾区(ソニーα1 FE70-200mm F2.8GM2)
価格を抑え実用性に追求する9代目アルト。どんな細い路地でも取り回しに困ることはない=東京都葛飾区(ソニーα1 FE70-200mm F2.8GM2)

初代アルトのデビュー当時、大卒初任給は11万円ほど。今年就職の新人が平均23万円というから94万3800円は相当にがんばった値段だろう。

コンパクトなボディーだが安全装備は充実している
コンパクトなボディーだが安全装備は充実している

昭和と違い、今はエコ対策や安全装備が欠かせない。燃費の向上、エアバッグなどの費用もかさむ。

しっかりした作りの運転席

さらにこの値段は消費税込みの価格で、税抜きなら85万8千円、どうやったらこの値段でクルマ1台作れるのか不思議なほどだ。

アルトの伝統を受け継ぐセダンスタイル

予防安全技術は上級グレードとほぼ同じで、エアコンも標準装備。さすがにナビやオーディオはオプションだが、バックアイカメラ付きディスプレイオーディオが5万5千円とお手頃で、ナビはスマホの地図アプリと連携できる。

価格以上の仕上がりのインテリア

今回、試乗したのはマイルドハイブリッドが搭載された高級グレード。価格は126万円とやや高価だが、32万円分の価格アップに見合った装備が付く。

マイルドハイブリッドを搭載するエンジンルーム

ハイブリッドの効果もあり燃費は27・7キロと軽自動車ナンバーワンを誇り、エアコンはフルオート、ヘッドライトもLEDを採用する。

試乗では、あえて街中の狭い路地を選んで、奥へ奥へと進んでみた。行き止まりになったとしても、4~5回切り返せばUターンできてしまう。これが3ナンバーの大型車なら途方に暮れるところだ。

〝走れない道はない!〟。そんな気分にさせてくれる軽快な乗り心地は、バイクのような気軽さで運転を楽しめる。

余裕の広さを誇るリアシート

後部座席も、コンパクトなボディーからは想像できない開放感で、身長188センチの筆者でも頭上や足先に余裕がある。定員4人なので、1泊2日程度の旅行なら荷物を積んでも大丈夫だろう。

シンプルだが十分な広さを持つリアシート

サイズは小さいが、ボディー剛性はコンパクトカーに勝るとも劣らない。路面からの突き上げ感を感じるものの、カーブでも安定した挙動で安心感がある。

ただ、走りを楽しむという点では、やや物足らない。先代まで設定されていたアルト・ワークスがラインアップから外れたのは残念だ。

伝統のセダンスタイルを受け継いでいる

ハイトワゴンが全盛の時代にあって、セダンスタイルのアルトが、デビュー当時のような人気を得ることはないだろう。とはいえ、この扱いやすさはライバル不在といっていい仕上がり。

今はまだスポーツカーに魅力を感じる世代も、年を重ねて大きなボディーに不安を感じるようになったとき、こんなクルマがあればいいなと思える1台。まさに〝下駄代わり〟の働きをしてくれるやさしいクルマだ。

(次回はグランドチェロキー)

  1. 23日スタート「ちむどんどん」第7週あらすじ 房子は暢子に因縁? 良子は金吾から執ような求婚を受け続け…

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  4. NYでジャパン・パレード 日米友好盛り上げる

  5. 露軍、渡河失敗で打撃 英国防省が分析