阪神・ガンケルは1球に泣く 逆転3ラン浴びて5回で降板 今季初勝利はお預け

サンスポ
4回、巨人・ウォーカーに逆転3ランを浴び悔しがる阪神先発・ガンケル=甲子園(撮影・斎藤浩一)
4回、巨人・ウォーカーに逆転3ランを浴び悔しがる阪神先発・ガンケル=甲子園(撮影・斎藤浩一)

(セ・リーグ、阪神―巨人、6回戦、17日、甲子園)先発した阪神のジョー・ガンケル投手(30)は5回73球を投げて4安打3失点。今季初勝利は、またもお預けとなった。

1-0の四回、先頭の坂本に中前打。丸に四球を与えて2死一、二塁となり、ウォーカーに内角高めの変化球を左中間スタンドに運ばれた。五回の攻撃で代打を告げられて降板となった。

ガンケルは一回から低めに丁寧にボールを投げて、巨人打線を封じ込めていただけに悔やまれる1球となった。

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害