児童書

『ライトニング・メアリ 竜を発掘した少女』アンシア・シモンズ作、布施由紀子訳、カシワイ絵

産経ニュース
『ライトニング・メアリ 竜を発掘した少女』(岩波書店)
『ライトニング・メアリ 竜を発掘した少女』(岩波書店)

世界で初めて魚竜の化石を発見した英国の化石発掘家メアリ・アニング(1799~1847年)の成長物語。海岸で見つけた「ヘビ石」や「ワニの歯」を金持ちに売っていた少女は、こうした化石を大昔の生き物ではと考えた。聖書の「天地創造」が信じられていた時代に、科学への情熱を育む。

女性で身分の低いメアリは学校にもろくに通えず、あとがきによれば、発見した生き物には化石を買った男性の名前が付けられた。不条理に毅然(きぜん)として立ち向かうメアリは、リケジョを鼓舞してくれるだろう。(岩波書店・2090円)

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  3. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害