日本ハム・新庄監督「言うことなしおちゃん」 打線爆発に最大級賛辞、敵地で大漁!初の2桁得点

サンスポ
試合後、ファンに手を振り引き揚げる日本ハム・新庄剛志監督=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)
試合後、ファンに手を振り引き揚げる日本ハム・新庄剛志監督=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)

(パ・リーグ、ロッテ4-11日本ハム、3回戦、日本ハム2勝1敗、16日、ゾゾマリン)17安打、11得点はともに今季最多。日本ハム・新庄剛志監督(50)の満足度は、ひと言に凝縮されていた。

「言うことなしおちゃん」

面白いように打線がつながった。試合前まで防御率0・00だったロッテ・石川に11安打を浴びせて6点を奪い、五回途中でKO。17安打以上は、20安打で12得点した2020年9月24日の西武戦以来2シーズンぶり。救援投手も打ち崩し、今季5勝目を挙げた。

五回には采配もピタリと的中した。3―1とリードを広げ、なお1死一塁。石井が初球を空振りを喫する間にアルカンタラが二盗し、捕手の悪送球で1死三塁に。

5回、失策誘う犠打を決める日本ハム・石井一成=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)
5回、失策誘う犠打を決める日本ハム・石井一成=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)

さらに石井がカウント1―2と追い込まれた後の4球目、スリーバントスクイズのサインを出した。石井は「まさか、あそこで来るとは」と驚きながら投前にコツン。石川の一塁悪送球を誘って加点した。七回には2点三塁打を放った石井は「今日はうまくいきすぎたが、こういう試合を増やしていければ」とうなずいた。

17日は令和のミスターパーフェクト、佐々木朗と対戦する。猛打に小技を絡めたビッグボスは「明日も仕掛けますよ」と宣言。14日には「全員、セーフティー(バント)させます」と笑いを誘った後、「(球の)速さを利用してコンって打っていけば、なんのこっちゃない」と対策を口に。活発だった打線の勢いそのままに、剛腕を撃破する。(箭内桃子)

  1. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  2. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  3. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害